2016年12月29日

年末年始閉所日のお知らせ

皆さんは今年1年どんな年でしたか?

今年1年を振り返ってみると「これもできていなかった・・・。あれもできていなかった・・・」と後悔することもしばしば。だけど関わっている利用者や家族が新しい一歩を踏み出したり、大変だったけど一緒に頑張った思い出ができたり・・・。

新しい出会いもたくさんありました。初めてふらっとへ相談に来てくれた人、新たな支援機関の人達との出会いの中で一緒に支援してくれる仲間も増えました。じっくり思い返すと後悔ばっかりではなく、元気も勇気もたくさんもらった1年でした

来年もいい年になりますように

ふらっとは12月30日(木)〜1月3日(火)までお休みです。年始は1月4日(水)から開いています。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします
posted by 生活支援センター ふらっと at 12:04| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

長期で入院している人たちが地域で安心して暮らしていけるように〜地域移行支援についての作戦会議〜

「もう二度と退院して地域で生活なんてできないと思っていた。」十数年間精神科病院に入院していたAさんが、地域移行支援という制度を使って最近退院してきました。「退院しませんか?」と言われた時にとてもびっくりしたと話します。「退院したいって初めは言っていた。けど誰も聞いてくれなくて、じきに気持ちもあきらめてしまって言うこともやめた。」


長期入院者は全国に7万2千人いると言われています。その中の多くの人が入院治療の必要性がないのにもかかわらず、環境が整わないということが理由で家に帰れない人が多いと言われています。「退院したい」そんな気持ちも年月とともに薄れていって、住んでいた地域の環境がどんどん変わっていき「病院から出ることが怖い」に気持ちが変化していく人も少なくありません。


家族も複雑な気持ちを抱えています。「本人には元気に生活してほしい。でも調子が悪くなったりすると心配なので病院の方がいいのではないかと思ってしまう。」本人のことが大切な分心配や不安も抱えています。
地域移行支援とは、長期入院をしてきた人に対して退院に向けての準備支援を行います。家探しから電車の乗り方、生活用品の買い出し、お金の使い方など地域生活をするにあたって必要な物の準備や練習を相談員と一緒にします。長い間離れていた地域での生活に安心して戻れるようにするための支援です準備をしている間もうまいこと行くことばかりでもなく、お金が足りなくなったり、しんどくなって準備が進まないこともたくさんあります。そこを何とか乗り越えて退院が決まったAさん。満面の笑みで「家で大好きなビデオをたくさん見て過ごすことがとても楽しみ」と話をしてくれました
挨拶.png

なかなか地域移行支援のことを知らない人が多かったり、知っても退院することに対して不安な気持ちがあって踏み出せない人も多くいます。最近ではやまと精神医療センターの相談員、地域活動支援センターふらっとの相談員、精神保健福祉センターの職員とともに精神科病院で長期で入院している人たちが、退院して地域で生活してもらえるにはどうしたらいいんだろう。と作戦会議をしています
 少しでも地域移行支援を知ってもらえるように。そして必要な人に支援が届けられるように。これからも地域移行支援について取り組んでいきます
話し合い.png
posted by 生活支援センター ふらっと at 12:41| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

ある日のふらっとの一日

「生活支援センターふらっとって何してるん?」よく聞かれます。就労の事業所のようにメンバーと一緒に作業しているでもなく、地域活動支援センターでメンバーと思い思いの場を共有しているでもない・・・。いったい何してるん? 場の提供はしていませんが、支援の基本は就労事業所や地域活動支援センターと変わらないんです

生活支援センターふらっとは大和郡山市の精神障害者本人やそのご家族を対象に、生活相談を行っています。毎日の暮らしの中で困っていることや不安に思っていることがあればどうしていけば解決するのかを一緒に考えていきます。訪問や来所面談、電話などの方法で相談を受けています。必要に応じてサービスの調整や関係機関との連絡を行います

今回はふらっとが何をしているのか、一日の様子を書いてみました
ふらっとは精神保健福祉士2,5名(うち0.5名は計画相談)で業務しています

9:00 朝一番。出勤してすぐに電話が鳴り始めます。相談者は当事者本人や家族、関係機関などいろいろなところから連絡があります。

相談.jpg

10:30 各担当ごとの相談者のお家に訪問したり、面談で相談を受けます。

相談.png

12:00 お昼ご飯 ほっとひと時ランチタイムです。

お弁当.png

13:00 今日は一週間に1度のスタッフミーティングの日です。より良い支援を行うために、スタッフが受け持っている担当の方で相談に乗った方の報告をし、情報を共有したり、支援の相談をする大切な時間になっています。

ミーティング.jpg

15:30 大和郡山市地域自立支援協議会では地域の当事者、家族、支援者が集まり今困っていることをどうやって解決していくのかを一緒に考えています。普段支援を行っている中で聞いているたくさんの意見をもとに、地域の仕組みを作っていくための大切な場となっています。

会議.jpg


16:45 ふらっとに戻って支援記録を書く。 支援記録は、支援を行う上で大切なものです。その日その日にどんな話をしたのか、どんな支援を行ったのかを記録していき、解決していくための積み重ねにしていきます。

パソコンを打つ.png

これは一日の例です。生活の中で困っていることを一緒に考えていく中で、すぐに解決するものもあれば、時間のかかるものもあります。時にはうまくいかない時もあります。失敗してもそこで終わりではなく、失敗から良くしていくためのヒントを得て、さらによりよい生活を一緒に考えていきます

たまに電話がつながりにくかったり、相談したくてもすぐに対応できない時があって本当に申し訳なく思っています。相談してきてくださった方に一人一人しっかりと一緒により良い生活を考えたいと常に思っています。「忙しいし悪いわ・・・」と言わずに、お気軽にご相談ください。
posted by 生活支援センター ふらっと at 18:55| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする